▼経済産業省のサイト

 経済産業省の支援策(2020年4月8日時点)

▽新型コロナウイルス感染症により影響を受ける中小・小規模事業者等を対象に資金繰り支援及び持続化給付金に関する相談を受け付けます

↑から抜粋

 

4月7日(火曜日)、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策を取りまとめ、令和2年度補正予算案が閣議決定されました。

1.資金繰り支援
これまでの資金繰り支援策をさらに拡充し、

  • 政府系金融機関・信用保証協会の既往債務を実質無利子融資に借換できるようにします。
  • 実質無利子・無担保、最大5年間元本据え置きの融資制度を民間金融機関でも新たに受けられるようにします。

2.持続化給付金

  • 特に厳しい状況にある事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる事業全般に広く使える給付金を支給します。

※いずれも令和2年度補正予算案の成立を前提としているため、制度の具体的な内容や条件については現在検討中のものもあり、詳細が決まり次第公表します。

とのことなので、詳細はまだ発表されていません(4月8日現在)が、先に様々なリンク先で自分の状況と合致するかなどを確認しておくといいかもしれません。


▼厚生労働省のサイト

▽働く方と経営者の皆さまへ  働く方・経営者への支援

下記のような支援策について上記のページでまとめられています。詳細は上記URLからご覧ください。

 

【雇用調整助成金】

雇用調整助成金とは、日本において雇用保険法等を根拠に、労働者の失業防止のために事業主に対して給付する助成金のひとつ。経営者の方が確認しておくといいかも。

 

【テレワーク】

型コロナウイルス感染症対策として、

新たにテレワークを導入し、又は特別休暇の規定を整備した中小企業事業主を支援するための助成金の申請ができるかもしれません。

テレワークを考えてる企業さんは確認してください。

○  新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html
<問合せ先>テレワーク相談センター:https://www.tw-sodan.jp/ 電話0120-91-6479
○  職場意識改善特例コース
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisiki.html
<問合せ先>都道府県労働局雇用環境・均等部又は雇用環境・均等室

 

(企業等によるテレワーク支援情報)

■一般社団法人日本テレワーク協会 テレワーク緊急導入支援プログラム https://japan-telework.or.jp/anticorona_telework_support/

■「#民間支援情報ナビ」プロジェクト(民間企業等が実施する支援活動に関する情報の登録と オープンデータ化を呼びかけるプロジェクト)

https://vscovid19.code4japan.org/

Code for Japan による検索サイト

 

【小学校等の臨時休業等に関する支援】

保護者のみなさん向け、助成金の支援についての資料が置いてあります

 

【融資・貸付等】

 生活衛生関係営業者(興行場、旅館業、公衆浴場、理容店、美容店、クリーニング、飲食店、食肉販売業、氷雪販売業)向けの融資についてまとめられています。

該当されるお仕事の人は読んでみてください。

 

その他、

・社会保険料の猶予等

・会社で働いている外国人のみなさま、外国人を雇用する事業主の皆様へ

・都道府県労働局の相談窓口について

 など色々載ってますのでご覧ください。 

▽新型コロナウイルス感染症の影響を受ける働く皆様へPDF

https://www.mhlw.go.jp/content/000613887.pdf

PDFが見れない方向けに画像置いておきます。↓



▼東京都のサイト